伝説のパンテーラ

前のネタのモス卿の言葉は、
・別冊宝島182「カッ飛び!クルマ読本」
と言う書籍の裏表紙からの引用です。

1993年刊行なので18年も前の本なんですが、まだ買えるみたいですね・・・

この本の記事で最も好きなのが、あるパンテーラとその乗り手の伝説。

パンテーラって何?な方、これです↓
a0096557_2214327.jpg


実はその乗り手のことは、もっと昔に雑誌で知っていました。
確かS30ZにアメリカンV8を積んで、雑誌のゼロヨン競走企画で12秒台を出していた男でした。
その男がパンテーラに乗り換えて、最期はそのクルマで事故死した・・ってことも大まかに知っていました。

そんな男の話を多少なりとも詳しく知ったのが、この本でした。

あの伝説の赤いパンテーラを手に入れるまでの経緯は、速いクルマに憧れたことのある人間なら感動モノです。
悲劇的最期まできちんと書いたら、1冊の名作になりそうなんですよね・・・

それにしてもパンテーラ、今見ても凄くカッコイイですね(^_^)
[PR]
Commented by やびつ at 2011-02-10 13:10 x
ゲーリー・アラン・光永の話ですね!
私は福野礼一郎さんの著書”ホメずにいられない2”で知りました!
事故死した場所も近所なんですよ〜
当時の路面状況等は今とそんなに変わらないと思いますし2車線登りの緩い右カーブ どんなスピードで走っていたのか、、、
キャッツアイを踏んで横っ飛びして激突。。。
現、多摩大目黒校前でしてストリートビューでも確認できますが(歩道橋の脇の木製電柱だったそうですね)こんな所で?って場所です。
パンテーラはほんと格好良いですよね!
デトの息がかかってるってだけでシャレード欲しいくらい好きです!(笑
Commented by ayaTouch at 2011-02-10 19:58 x
デトマソカッコいい!
おしゃれですよね。
スーパーカーブームの時代を生きた自分にとって、よだれもんの車です。
私は、ランチャストラトスなんて方面も好きでした。
Commented by gypsy-joe at 2011-02-10 20:36
やびつさん、さすが良くご存知で。
もし今も生きていたらどんなクルマで走っているだろうと、想像してしまいます。
東京には今も、こんなクレージーな走り屋は居るんでしょうか・・・
Commented by gypsy-joe at 2011-02-10 20:44
ayaTouchさんも同世代ですね(^_^)
パンテーラって純イタリアンのフェラーリやランボへのアンチテーゼも有ってか、当時から意外に人気が有った気がします。
ちなみにストラトスも大好物で、最近復刻版のニュースを見て心躍りました。
by gypsy-joe | 2011-02-09 22:19 | クルマ | Comments(4)