大槌新山ヒルクライム2016-本番編-

いよいよ大槌新山ヒルクライム本番の日です。

実家をam6:30頃に発ち、1時間弱で現地へ到着。
当日受付締切時刻の少し前なので余裕、と思ったら・・・・
a0096557_1829157.jpg

現地は既に参加者でいっぱい。

ここで先輩1号2号・同僚と合流し、スタートを待ちます。
と言っても最初は8kmほどのパレードランで、これが細かく人数分けされます。
先輩2人は一緒でしたが、同僚と私は別グループで走り出しです。

パレードランは沿道の地元の皆様が小旗や手を振ってエールを送ってくれて、初開催にして早くも好印象。
川沿いの道なのでしばらく平坦な道を隊列は進みますが、少しだけ登り気味になったら、先行グループから落ちてくる人が・・・
この段階で落ちてくるって、ゴールまで行けるのかな?

などと思いながら、ついに計測区間=本当の本番のスタート。
a0096557_18372865.jpg

こっちのスタートはクラス別なので、人数も増えます。

で、こっから写真無し。
えっちらおっちら漕ぎ続けましたよ。

同時スタートの先輩1号は先週の蔵王HCで、私より6分くらい速かった方。
試しに最初から後ろに着いて登ってみました。
そしたら、数km走った地点で置いて行かれました(^^;)

自転車では初めて走るコースですが、最初は少し緩く、途中からきつくなります。

中盤には緩い区間が有り、そこではアウターにも入れられます。

後半は斜度こそ緩いけど登り続けるばかりです。
これが意外に辛かったかも。

最後のゴールは突然現れる感じで、ゴールスプリントのタイミングを外したままゴール。
後ろから仕掛けた人に、ホイール1本分負けました(^^;)

で、ここから罰ゲーム。
誘導員の指示に従って進むと、なんとまだ登りが!
しかも結構きついぞ!!
体力搾りかすの参加者に大不評でした(^^;)

とは言え、頂上の景色は最高!
a0096557_18492670.jpg

まずは巨大な風車がお出迎え。

今まで登ってきた方向を見ると、
a0096557_18513556.jpg

霞んでいますが、スタート地点の大槌湾が見え、その先はもちろん太平洋。

振り返って内陸側を見ると、
a0096557_18523755.jpg

まだ雪の残る早池峰山がきれいに見えました。

ちなみにゴール地点でのお振る舞いは、
a0096557_1854258.jpg

水と、中にハチミツをたっぷり入れたパン。
意外に美味しかった。

蔵王だとゴールから少し経つと下山なのですが、このコースは道幅が狭いため、全員ゴールするまで下山不可。
なんとam11:00過ぎまで頂上で待機でした。
天気が良かったから苦じゃなかったけど、悪天候の時は逃げ込める場所も無いので厳しいかも。

やっと下山が始まり、誘導員に続いて15人くらいずつの集団で下り始めます。
途中1回だけ集団コントロールのため止まるのですが、そこには、
a0096557_18595922.jpg

見事なつつじの群生!
競技中は全然気づかなかった・・・

下山したら閉会式会場へ。
a0096557_1931647.jpg

役場の隣の体育館で、なんか夏油HCの光景と似ていました。

さっそく完走証を受け取ると、タイムは53分ちょっと。
クラスではギリギリ1桁順位、総合では50位に僅かに届かずでした。

下山後のお楽しみは昼食。今回は、
a0096557_1911119.jpg

鮭ごはんと豚汁で、この他におばちゃんが漬物を配り歩いていました。
美味しいし、腹も満たされる量でした(^-^)

会場内には大槌町のゆるキャラ、おおちゃんが!
a0096557_1955524.jpg

大槌町の小鎚(と言う地区がある)にちなんだキャラクターだそうです。
断じて蕪(かぶ)ではありません!

では総括。
やはり試走無しで挑むと、ペース配分が出来ないですね。
GW中に来れば良かったと、後悔しました。
来年はちゃんと事前練習して、40分台に入れられるようにしたいものです。
[PR]
by gypsy-joe | 2016-05-22 19:13 | イベント | Comments(0)