サイクルモード・インターナショナル2008(PART2)

PART2の最初は、変り種をご紹介。

まずは、一見普通の、このBD-1↓
a0096557_1351589.jpg

コレ実は、全長20cm程のミニチュアです(@_@;)
ものすごく精巧に作られていて感動しました。(お値段も1諭吉オーバーと、結構な値段)

2つ目は、塗装のマジックと言うか何と言うか・・・・。
a0096557_1381998.jpg

アルミフレームに木目塗装を施したものですが、遠めに見るとホントに「」でした(^_^;)

3つ目は同じ植物系繋がりで、このフレーム。
a0096557_1311340.jpg

どこが「植物」か?と言うことで、アップにしたのがコレ↓
a0096557_13121019.jpg

驚きの「竹製フレーム」です!
本物の竹をカーボンで巻いて繋いでいるらしいですが、これ受け狙いじゃなくちゃんとした売り物。
下手なカーボンフレームより高額でした(@_@;)

4つ目は、既に有名な「SURLY」のパグスリー様↓
a0096557_13163711.jpg

特徴はもちろん、想像を絶する太さのタイヤ。
隣に並んだバイクと比較すると、同じ「自転車」と言う乗り物に思えませんね。
これ、来年も居たら、ぜったい試乗します!

最後は、カラーパーツのためのディスプレイなんですけど・・・
a0096557_13195452.jpg

かなり痛い自転車ですが、これで本当に街中を走ったら、案外笑いは取れそうです。

では、最後に「こんな人が来てました」のコーナー。

まずは、この写真の真ん中に写っているジー様が、誰だか判るでしょうか?
a0096557_1325376.jpg

答えは「コルナゴ」の親分、「エルネスト・コルナゴ」御本人様です。
サインを求めて途絶えないファンの列に、ニコニコと応対しておりました。

2人目はこの方。(当然ですが、真ん中の白い人)
a0096557_13285443.jpg

タイヤメーカー「ミシュラン」のマスコットで有名な「ムッシュ・ビバンダム」です。
(「ミシュランマン」などと呼んだら笑われますよ!)

3人目は、何故か私の行くとこ行くとこに、追いかけてくる様に現れていた、このチビ。
a0096557_13342223.jpg

アリとキリギリス」の石井ちゃんです。
以前TVでも、自転車好き芸能人として紹介されていました。
カメラマンも随行していたので、来月発売の雑誌にでも載るんでは・・・?

4人目のこの方も、誰だか判るでしょうか?
a0096557_13372913.jpg

歴代最強のロードレーサー「エディ・メルクス」でございます!
勝利に対する強烈な貪欲さから「人食い」と呼ばれたそうですが、今は優しいジー様でした。
エルネスト同様、サインを求めるファン一人一人に丁寧に応対していて、ステキでした(^_^)

この他に会場で見かけたのは、
・高千穂遙(「自転車で痩せた人」等の著書で有名な、自転車好きSF作家)
・今中大介(インターマックスのブースが在るんだから、居て当り前ですが)
などなど・・・・。
もちろんイベントゲストまで入れれば、もっと多くの有名人が居ました。

と言うことで、開場とほぼ同時に入り、終了時間ギリギリまで楽しんで来ました。
紹介したのは全体の中の、本当にごく一部です。
とても紹介し切れないくらいの展示が有り、イベントが有り、あっと言う間の1日でした。
そして、立ちっぱなし&歩き通しで、足腰クタクタのガタガタになりました。
来年はぜひ、試乗も楽しみたいものです・・・。

この後、会場から程近いスーパー銭湯で汗を流し、夕食をタップリ摂って、pm7:00に帰路へ。
疲れた体に鞭打って、今朝方am3:30過ぎに無事帰還しました。
来年も絶対行くぞー!!
[PR]
by gypsy-joe | 2008-11-09 14:04 | イベント | Comments(0)