改めて、事故の事を

一昨日、ちょっと感情的になって書いた記事が有りました。
それを自分なりに記録し直す意味で、再度書き直します。
あくまでも、私が「事実」と確認又は確証できる状況と、それに対する「私見」を書きます。


では、行きます。
まずは「事実」と確認又は確証できる状況。
-------------------------------------------
先日9/20(日)未明、私も参加する予定だった酒田までのナイトツーリング。
そこで、参加者3名中2名が落車で重傷を負いました。
日常的感覚で言えば、9/19(土)深夜と言える時間帯です。

1名は、骨盤骨折で入院生活。
もう1名も骨折で、自宅療養ながら暫く松葉杖での生活となりました。
もう1名は、幸いにも無事でした。

落車に至った過程に、路面に刻まれていた「溝」に車輪を取られたと言うのが有ります。

その「溝」の状況を撮影して来たのが、この写真です↓
a0096557_20461166.jpg

場所は、国道48号線の仙台ハイランド入口に程近い場所です。
仙山線を越えるこ線橋から西(山形方向)へ下って来て、フラットになるかどうかと言う辺りです。

ご覧の様に、車道の左端に2本の黒い線が見えますが、実際には3本あります。
3本目は、路肩の白線と殆ど重なって見えると思います。
長さは、メジャーを当てたわけではないですが、15m程ではないかと思います。

撮影時、私は仙台市中心部へ向かっていました。
つまりこの溝は、負傷した方々が法律を遵守して走っていた「車道左端」と言える位置に存在しています。

なお、この写真を撮影した時点では、この溝は既に埋められていました。

この溝の状況について、無事だった1名の方から聞くと、
・幅は2cmは有ったと思う※
・道路管理者からの説明では、溝の最深部は7cm有ったとのこと
・溝に入り込んだ感触は無かったので、溝の両端は滑らかなスロープ形状だったかも知れない
との事です。
※ここで幅の話を検証すると、今月号の自転車雑誌に参考となる記事が有りました。
それによると23Cで24mm少々、25cで25mm少々の接地幅が有るとの事。
参加者のタイヤ幅が700×23Cと26×1.0。
溝の幅は2cmを軽く越え、3cm近く有ったと考えるのが妥当でしょう。

自転車としては3台とも同じ目に会っていて、前タイヤは全車とも側面損傷で裂けていました。
更に、いずれもリム側面に酷い傷を負っていました。
これは、溝の深さを裏付ける状況となります。

リム損傷は前後輪とも同じだったので、溝にスムーズに入り込んでしまっていたと想像されます。
これは”溝に入り込んだ感触は無かった”との言葉とも一致すると考えて良いでしょう。
-------------------------------------------

ここまでが、私が「事実」と確認又は確証できる状況です。
ここからは私の「私見」を。

前回書いて削除した記事には、「道路管理の不手際だ」と書きました。

私はイベントの参加を直前で断念した人間であり、重傷を負った方々は私の自転車仲間であり恩人です。
当事者ではなくとも他人事ではない、その思いが強すぎて冷静さを欠いていました。

「事故」とは複雑な要素が絡まりあって起こるのであって、何かが最大の原因と断じるのは極めて困難です。
路面状況、道路の警告表示の有無、事故地点の暗さ、夜間走行の装備、速度、車間距離・・・・・・
当事者と道路管理者や警察がきちんとした手順を踏んでこれらを充分に検証しながら、判断して行く事でしょう。

これに前回軽はずみな感情を持ち込んだので、野次馬根性と恥じて削除した次第です。

ただ、自分なりの整理として、どうにも納得し切れないのは先程から書いている「溝」の事。

この「溝」の意図は、状況からは判別できませんでした。
当事者の1人の話では、路面に雨水が溜まり易く、それを路肩から道路脇まで排水するためらしいとの事。
(道路管理者から、そう説明されたとの事でした)

<9/25訂正>
当事者であるこの方のブログに、きちんと説明が掲載されました
「溝」の意図はこちらを参照してください。

この「溝」が存在していた(埋められたので過去形)のは、ごく普通の国道。
つまり、人も自転車もモーターバイクもクルマも通って良い道です。

そして、この「溝」は人為的かつ意図的に刻まれたもの。
作るに当たり、通行する全ての人と車両にとって不都合が無いか検証が伴うのが基本でしょう。
それが充分に行われていたのでしょうか?

仮に幅が3cmだったとします。

原付からクルマまでは、全く問題は無いでしょう。

次に歩行者、これもたぶん問題ないでしょう。

では、自転車は?
ロードバイクどころか細身のタイヤのクロスや、一般的な軽快車(ママチャリ)でも危険ではないでしょうか?

しかも、7cmもの深さの溝が果たして必要だったのでしょうか?
※これについては「グルービング工法」と言うキーワードで検索すると、参考情報がわんさか出ます。
 路面の排水を意図したこの工法では、幅も深さも今回の「溝」とは別物(狭く、浅い)です。

こうして考えていくと、この「溝」を刻んだ際に、自転車はその検討対象に無かったと思って差し支えないでしょう。

本来道路とは、常に全ての利用者の安全を目指して作り維持されるべきものではないでしょうか?
この「溝」の存在には、その基本がどうしても感じられないのです。

その一方、全ての道路が全ての利用者に100%の快適と安全を保証しているという事も有り得ません。
残念ながら、わが国の道路行政はクルマ偏重から殆ど一歩も踏み出していません。
クルマから見て快適な道路が、歩行者や自転車からは不快で危険な道路と言う例も多々有ります。
もちろん、路面の劣化などに対するメンテナンスにも限界が有りますし。



いずれにせよ、多くの不幸な要素が絡まった結果、今回2名の方が怪我をしました。
そして、その一因となった構造物は、まだ他の路上のどこかに在ります。

自転車に乗り車道を走る全ての方々が、今回の事故を教訓にして欲しいです。

道路も、クルマやバイクや歩行者も、時には同じ自転車さえも、貴方を危険に晒す可能性が潜んでいる事を再認識して欲しいです。

そして、それを覚悟して走らなくてはいけない現状を再認識して欲しいです。
[PR]
Commented by bondchibita at 2009-09-25 12:40
冷静かつ客観的な事故原因分析、すごく有益なことだと思います。
「縦溝の作成目的」について、交通省関係者から説明を受けましたので、私のブログに記載しました。
Commented by gypsy-joe at 2009-09-25 20:32
bondchibitaさん、お加減いかがでしょうか?

「溝」の意図、ブログで拝見しました。
なるほどと思う反面、では何故今回埋めてしまったのか?
そんな簡単に埋めて良い程度の代物で、お二人が怪我をされた事には、やはり納得行かない思いは残ります・・・。
Commented by 4beat-oyakata at 2009-09-25 23:03
お怪我をされたお二人にお見舞い申し上げます。
溝にしてもアスファルトの盛り上がりにてもかなり危険ってのは自転車人しか分かるまい。
だから、ボクは歩道にエスケープする権利は握っていたい。決して自転車は歩道へ、なんて思っていない。
今のアホ交通事情に我が身を晒したくないだけです。
だって今のまま無闇に歩道から締め出されたらと思うと恐ろしいでしょ。
残念ですが、自転車は車道って思想は自転車が走れる車道及び自転車エリアが確保できてからでも遅くないと思ってます。
いずれにしても、道路行政は最悪ですね。
Commented by gypsy-joe at 2009-09-26 05:39
4beat-oyakataさん、コメントありがとうございます。
私も場所により、歩道を使います。
クルマの交通量が多く速度差があまりにも大きいと、さすがに怖いですから。

本来車両である自転車が、安心して車道を走れない事の矛盾。
自転車乗りは皆、常にその矛盾の中を走るしかない。
この現状を常に問題意識を持って、見つめたいと思います。
Commented by Lion at 2009-09-30 14:11 x
私も19日の午前中に同じところをロードバイクで通過して
肝を冷やしました。たまたま溝にはまることなく溝の間を
キープすることができました。あと5m長かったらはまって
後ろから来たダンプに跳ねられたかもしれません。
Commented by gypsy-joe at 2009-09-30 19:16
Lion様、貴重なコメントありがとうございますm(__)m

私は今でも、この「溝」自体の存在に疑問を持っています。
明るい時間帯でも怖い思いをされた方が居られると言うのは、その思いを一層強くします。
御自身もお感じだと思いますが、ご無事だった事は、本当に「幸い」だったと思います。

乗り手の危機意識向上、確かに大事かも知れません。
それ以上に、安全な道路を求め続ける事こそが重要だと考えます。
自転車乗りが機を見て訴える様になっていければ・・・と思います。
Commented by Lion at 2009-09-30 20:26 x
一応
国土交通省とグルービング振興協会には
コメント送りました。
無駄かもしれませんが黙っちゃいれない。
Commented by gypsy-joe at 2009-09-30 22:32
Lion様、当局がどの様な反応を示すか(あるいは示さないか)、興味深いです。
なにか進展が有りましたら、また聞かせてください。
Commented by Lion at 2009-10-05 13:44 x
グルービング振興協会事務局から前向きな返事が来ました。

写真が見たいとのことなんですが
こちらのブログを紹介してもかまわないですか?
Commented by gypsy-joe at 2009-10-05 20:35
Lion様、続報ありがとうございます。

基本的に開けっ広げなブログなので、あくまでも、
「Lion様が、路上で怖い思いをされた事の裏付け」
と言うことでの参照であれば、なんら問題無いと考えます。
それでも何かの一助になるようなら、紹介頂いて構いません。

ただ、事故そのものが色々と継続中の案件です。
なので、記事に書いた以上のコメントはできないので、そこだけご理解下さいm(__)m
Commented by Lion at 2009-10-06 09:10 x
gypsy-joeさんおはようございます。

紹介の承諾ありがとうございます。
先方にはこちらは参考に見るだけにしてもらう
こととして紹介します。

ちなみに「グルービング振興協会事務局」は
役所から工事を行う業者の集まりのようで
役所の機関では無いようです。
ttp://www.wetgrooving.gr.jp/dn_6.htm
ただ、技術的なコンサルなどはしているようで
役所に発言する機会はあるようです。

なお、国交省からは返事はきていません。
Commented by gypsy-joe at 2009-10-07 20:59
Lion様、意向を汲んでいただき有難うございます。
技術屋さんの目からは、この「溝」がどう見えるのか興味深いですね。

お役所の無反応は・・・まあ、有る意味期待通りと言うか・・・

でも、声を上げる事こそ大事です。
例え小さな声でも、無言でいるより意味は有ると思います。
Commented by Lion at 2009-10-08 13:46 x
gypsy-joe さん お世話様です

さっき、国交省からも返事が来ました。
お達者スキー倶楽部さんのところで紹介されているのと
同じような説明がきました。

>例え小さな声でも、無言でいるより意味は有ると思います。

そういってもらうとうれしいです
危険な目にあったのはもっといるというアピールにはなったと思います。
Commented by gypsy-joe at 2009-10-08 21:26
Lion様、お世話様です。
今回の事故やLion様の訴えなど、道路を作る方々が真摯に受け止める事を願うばかりです。
私も、常に問題意識を持ちつつ、自転車に乗り続けたいと思います。
by gypsy-joe | 2009-09-24 23:15 | この道どうよ | Comments(14)