行って参りました!(その1)

と言うことで、
「小海マイティーデューロ」
を走って参りました。

※(10/14)一部訂正有り

10月9日(金)pm11:00過ぎに、お店を出発。仙台から約430km、一般国道をひたすら走ります。
なぜ高速を使わないかって?
お店のハイエースには、人数分のシートベルトが無いからです(笑)

途中で朝食を摂ったり買出ししたりしつつ、到着したのは10/10(土)am10:50。
ピットエリアには既に数組のエントラントが設営開始していました。
我々もさっそく場所取りして、設営。
a0096557_13291817.jpg


コース図で⑤と書かれている辺りに巣を構えました。
a0096557_1412843.jpg


今回は、
<ライダー>
・店長
・私
・Uさん(トライアスリート)
・Hさん(Uさんのお知り合い、最年少3?才)
<サポート>
・raidhiroさん
・Uさんの奥様
と言う6人チーム。
Uさんは、MTBレースはかなり久しぶりで、もちろん24時間は初めて。
Hさんは、スポーツとして自転車に乗るのが初めてとの事。
かく言う私も、レース経験はこれが3回目、24時間耐久は初めて。
店長以外の戦力がどれほどのものか?これが今回のポイントでしょう。

メンバーも揃い、ピット設営が終わって昼食を済ませたら、さっそくコースを試走。
一部の舗装路と芝生のグラウンド以外は、ほぼシングルトラックを登ったり下ったり。
思ったより上りはきつくないし(と、この時は思った)、怖い下りも無い(と、この時は思った)。
明日からのレースに向けての不安が、少しだけ減った気がしました。

顔合わせも兼ねての夕飯。
a0096557_13302211.jpg

レースを明日に控え、お酒は程々に・・・・。


明けてスタートの日、10月11日(日)の朝。
a0096557_1332672.jpg

快晴です。
どうやら雨男は一人も来ていなかった様で、この天候は最終日まで続くのでした。

ここで、今回最大かも知れないトラブルが発生!
各バイクの最終チェック中に、金粉号の前足の異常が再発。

回復不能と判断し、万が一に備えて持って来たスペアのYETIで走る事にしました。
a0096557_13504337.jpg


ただこの「YETI ARC」と言うフレーム、XCの名機として有名なので、
「おー、YETI!懐かしいー、ガンバレー!」
と言った声援をいくつか頂き、ちょっとうれしハズカシでした(#^.^#)


これは、レース開始前のライダーズ・ミーティング風景です。
a0096557_13513232.jpg

右下辺りに変なカッコの人も居ますが、気にしてはいけません。


いよいよスタート時刻のam10:00。
栄えあるファーストライダーは、MTBレース久々参戦のUさん。
a0096557_1354955.jpg


覚悟をきめて、いざスタート!
a0096557_13543795.jpg



その2へ続きます・・・
[PR]
Commented by cd20sunny at 2009-10-14 20:34
エアスプリングのUターン機構はこういったトラブルをよく聞きますね。一度完全分解ですかねえ。
Commented by gypsy-joe at 2009-10-14 20:56
諦めて、メーカー送りの手配をして来ました(泣)
Commented by garakutado at 2009-10-14 23:29
オレのPIKEはコイルスプリングのUターンですが、一度も固まった事はありません。
Commented by gypsy-joe at 2009-10-15 07:26
garakutadoさん、情報ありがとうございます。
cd20sunnyさんの話と合わせると、エア構造が怪しいんですかねー?
by gypsy-joe | 2009-10-13 14:03 | イベント | Comments(4)