カテゴリ:大地震( 33 )

もう5年、まだ5年

昨日から今日にかけて、この時期恒例の人間ドック入りでした。
結果はほぼ昨年同様で、経過観察が2~3項目のみ。
そのどれもが毎年同じなので、要は変化無しです。
体重も見事に変わらず、ウェストも73cmちょっとと安全圏内。
盛岡勤務(=新幹線通勤)で日々の運動量が激減している割に、まずまず維持できている方かな?

それはそうと(毎年書いている気もしますが)私にとって人間ドック=大震災の日。
あの日を迎えた場所に、毎年ほぼ同じ日に行っています。
あれからもう、5年も経つんだな・・・・

下の写真は、無罪放免(経過観察だから執行猶予?)で病院を後にした帰り道の途中。
a0096557_136753.jpg

広瀬川を長町側に渡ってすぐ、長町一丁目界隈です。

あの日は人間ドック1日目。
2日目の検査項目はキャンセルになり、そのまま全員帰宅となりました。
信号も消えた街を通勤号1世で駆け抜けて家へ向かう途中、この道に差し掛かった時のことは今でも良く覚えています。

下を地下鉄が通っているためなのか道路は陥没して、何カ所も割れてガタガタになっていました。
前を走っているクルマが段差を越えるとバンパーから下が見えなくなると言えば、段差の大きさが分かりますかね?
その後もしばらく地盤沈下が止まらなかったのか、前の日に何もなかったのに、次の日には路肩にでっかい穴が開いていることもざらでした。
今でこそ写真のようにきれいな路面に戻りましたが、ここまで来るのに年単位の期間を要したと思います。

たった1kmちょっとの道路でさえ簡単に直せないってことは、たった5年で震災復興なんてできるはずがないんです。
昨年ツールド東北を走った方ならわかると思いますが、まだまだこれからな場所ばかりです。

今週はあの日を振り返る番組が数多く放送されていますが、
「もう東北って復興してるんでしょ?」
って思っているすべての人に、どれか1つで良いので観てほしいです。
そして5年と言う時間が、何を取り戻すにも全然足りないのだと知ってほしいです。
[PR]
by gypsy-joe | 2016-03-11 13:40 | 大地震 | Comments(0)

久々のエリアメール

今日は朝から、久々に背筋の寒くなる音を聞かされましたね。
久々に聴くエリアメールの音は、一瞬で4年前のあの日に戻してくれますな(^^;)

まさに朝の通勤時間帯を直撃されたわけですが、とりあえず仙台駅まで行ってみました。
a0096557_20531590.jpg

盛岡へ行く一番電車のam6:40発が、まだホームに居ません。
もうすぐ車両基地から到着するとのことで、じっと我慢で待ちます。

結局1時間近く遅れて仙台駅を出発し、その後も安全確認のため低速運転。
盛岡に着いたのはam9:30近かったです。

普段でも朝の新幹線では寝て過ごすのですが、今日は更に長時間寝させていただきました。
時々目覚めましたが、その度に隣の乗客が変わっていて面白かったです。
[PR]
by gypsy-joe | 2015-05-13 21:01 | 大地震 | Comments(0)

早朝の緊張・・

タイトルは、男性の朝の生理現象のことじゃないですよ。

昨年から大病を患い4月からは盛岡で治療を続けていた親父の状況が改善し、宮古の病院へ転院することになりました。
昨日はその移送の日で、私が盛岡から付き添い。
(当然年休です)

で、無事に転院も済ませて実家へ一泊してきたのですが、安堵して眠りに着いたってのに、今朝の目覚めは大変なことになりました。

早寝したため早朝am4:00過ぎに一旦目覚め、小用を足して床に戻り、二度寝を決め込もうと目を閉じて間もなく、
「津波注意報が発表されました!」
と、防災無線で市内全域に一斉放送が流れました(◎_◎;)

地震なんて感じなかったのに何の冗談かと思いながらTVをつけると、マジなのね・・・

そこからはずっと、サイレンと注意喚起の繰り返し。
ええ、もはや寝られたもんじゃありません。

実家は市内でも山の方なので何もする必要は無く、警報解除までTVを観ながら床でゴロゴロしていました。

被害らしい被害は無くて何よりでしたが、最近また地震が多くなっている気もします。
今一度気を引き締めなくてはダメだよとの、天からの啓示でしょうかね?
[PR]
by gypsy-joe | 2014-07-12 18:35 | 大地震 | Comments(0)

時間が止まっている?

今日も朝から天気が良くなくて、ほぼ自転車は諦めムードでした。
それが午後に入って暫くしたら、やっと道路が乾き始めました。

13時からTV観戦していた楽天VS阪神の状況が5回で確定(もちろん楽天・マー君勝利)したみたいなので、ちょっと自転車で出てみる事にしました。

とは言えロードで本気漕ぎって体調&気分じゃなかったので、屋外放置だった黒GTを引っ張り出してのポタです。

2週間くらい乗っていなかったので、一応チェーンに注油してスタート。
カセットにもチェーンにも薄く錆が浮いていたのが悲しかったな・・・

近所をうろうろしながら決めた行き先は、仙台空港方面。
更に今日は、その先へ行ってみました。

そこは・・・・・
a0096557_19224184.jpg

家族連れで良く行った、岩沼海浜緑地公園付近です。
津波に押された木々が、今もそのままの姿で傾いでいます。
ここは、あの日以来時間が止まっているかの様です。

でも、振り返ると明らかな変化も見られました。
a0096557_19252674.jpg

二重の防波堤を築く工事が進んでいました。
これらは津波に対する防壁と言うより、少しでも威力を減衰させるための仕組みのようですね。

この海沿いの道は、自転車乗りにとって特別な道でした。
いつかまた、ここを思い切り踏んで走れる日が来て欲しいです。
[PR]
by gypsy-joe | 2013-06-16 19:30 | 大地震 | Comments(0)

蒲生にて・・・

昨日の午後は独りで外出していました。
(「家族が一緒に遊んでくれなかった」とも言う)

で、仙台新港辺りをウロウロしていたとき、ふと、
「南防波堤辺りは、今どうなっているんだろ?」
との思いが頭をよぎりました。

自転車趣味以前の私は釣り好きでして、仙台新港にも昼夜を問わず幾度と無く出撃したものでした。
大震災で様相が一変したとは知っていましたが、間も無く2年になる現在はどうなの?

と言うことで向かってみましたが、結論から言えば今も南防波堤の付け根までは行けません。
今も途中で道路封鎖されていて、思い出の場所までは到達できませんでした。

さっさと諦めて戻る途中、蒲生地区へ入ってみたのですが・・・・
あまりの変わり様&津波の爪痕の残りっぷりに、言葉を失い退散。
a0096557_2025766.jpg

写真は七北田川沿いの道ですが、路面に見えるガードレールの影のうねり具合が判るでしょうか?
舗装もボコボコなところばっかりでした。

蒲生の干潟は子供が小さかった頃、安心して水遊びできる定番の場所でした。
あの頃に戻るまで、どれだけの時間が要るのでしょうかね?
[PR]
by gypsy-joe | 2013-02-18 20:38 | 大地震 | Comments(2)

久々にビビッたよー!

いやー、久々に大揺れでしたね!(^_^;)
揺れを感じてから大揺れになって、それが鎮まるまで、3.11を髣髴とさせる時間でした。

私は会社に居てそろそろ終業時間間近だったのですが、安全確認できるまで全社員待機でした。

幸い今回は停電も無いし、交通機関も鉄道系が乱れた以外は混乱は少なめ。
さほど待たずに帰宅解禁となりました。

もっとも、ジテツーの私は、地震が沈静化した時点で問題なく帰宅可能だったんですけどね・・

あらためて言いましょう。
地震があったら、自転車最強!
(特にMTB系)

さて、週末は安心して自転車乗りに行けるかなー・・・?
[PR]
by gypsy-joe | 2012-12-07 21:05 | 大地震 | Comments(4)

閖上にアート

今日の仙台、いつ雨が降るかもしれない不安定な空模様の1日でした。

実際午前中は降ったり止んだり、わずか数百mの差で降っていたり乾いていたり・・・。
なんとも動きづらい日でした。

それでも午後は少し落ち着いた感じに見えたので、通勤号で近所をポタリング。
空模様を見ながら、もう少しもう少しと走りながら閖上まで行って見ました。

実はそこには目的があって、それがこの風景です。
a0096557_20532144.jpg

a0096557_20554014.jpg

「元気キャラバン閖上」と言うアートイベントだそうです。
昨日行った美術館で開催を知って、しかも最終日だとのことで行ってみたわけです。
この辺のゲージュツには正直「???」って方なのですが、これも1つの被災地支援と思えば、感慨深く見つめてしまいます。

閖上がどんな場所になっていくのか、見続けていきたいです。
[PR]
by gypsy-joe | 2012-08-18 21:07 | 大地震 | Comments(0)

我が故郷、岩手県宮古市に隣接する山田町。
昨年の大震災で、町の殆どが壊滅的被害を受けた場所です。

この町に、古くから大人気の個性的な菓子があるんですよ。
それが、これです↓
a0096557_209045.jpg

我々ジモティは単に「山田せんべい」と呼ぶ、胡麻を主体とした黒い煎餅です。

ラベルを外すと、中身はこんな感じね。
a0096557_2011136.jpg


これをこのまま食べると、半生で中途半端に固まった生地をムシャムシャ食う感じ。
餅を薄く薄く・・・限りなく薄く延ばして少し置いたものを食う感じでしょうか?

これで十分美味いのですが、これにはもう1つ食い方が有ります。
焼くんですよ。

フライパンで炙れば、見た目このままでパリっとした固焼き煎餅に変わります。
当然ですが胡麻の風味が引き立つので、これまた美味い。

確か直火(炭とかで)焼くと、もう少しサクサクした感じになったと記憶しています。

この工場も大震災の津波で壊滅的な被害を被り、やっと最近再開の目処が立ったと聞いたばかりでした。

一口一口がうれしさいっぱいの、これまた故郷復活の味でした(^_^)
[PR]
by gypsy-joe | 2012-08-05 20:19 | 大地震 | Comments(2)

蛤浜の現状・・・

震災以来縁遠くなっていますが、シーカヤックも嗜む私です。
(もちろん舟は店長のを借りてばかりですが・・・)

その初体験の場所(出艇場所)だったのが、東松島市宮戸島の蛤浜でした。
小さな浜ですが、波静かで水もきれいで、初めてパドルを操る私にとって良い練習場所でした。

先日その浜に久々に行く機会がありました。

まずは駐車場所になっている側の光景から・・・
a0096557_13451310.jpg

防波堤を挟んで陸側は水田だったのですが、すっかり津波に壊されていました。
あれから二度目の夏だというのに、稲作を再開している様子はありません。
水田の除塩も出来ていないのかもしれません。

壊れかけた防波堤に上がって浜の状況を見てみると・・・
a0096557_13491171.jpg

浜はほとんど無くなっていました。
以前は階段の先から砂浜になっていて、そこにカヤックを降ろして出艇したものでした。
その砂浜は津波に持っていかれたのか、それとも地盤沈下で海に沈んだのか・・
階段の一番下には海草が生えていたので、常時海水に浸かる状態の様です。
やはり地盤沈下と考えるのが妥当ですかね?

この日は満潮から少し下げに転じた頃だったので、干潮時であればもう少し違う状態かも知れません。
そのうち店長をそそのかして、またこの浜から漕ぎ出してみたいものです。
[PR]
by gypsy-joe | 2012-06-30 13:55 | 大地震 | Comments(0)

自分なりの節目

今日から明日にかけて、人間ドック入りです。

毎年この時期恒例なのですが、昨年はと言うと→こちら

そう、あの日=2011.3.11が前回のドック入りだったんです。

病院の建物に当時の傷跡は無かった・・・と思ったら、トイレの壁がズタズタだったのに戦慄。
必死で押さえたブラウン管TVは、片手で支えられそうな薄型液晶になっていました。

世間的には既に1年という節目を越えていますが、個人的には今日が節目な気分でした・・
[PR]
by gypsy-joe | 2012-03-16 20:25 | 大地震 | Comments(4)