もはや、お宝

今日は昨日と打って変わって、寒いは北風も強いは!
宮城西部には雪の予報も有ったので、急遽スタッドレスへの交換作業をしました。
と言うのも、午後から大河原の「えずこホール」へ行くため。
会社の同僚が所属する、ブラスバンドが出演するコンサートが有ったので・・・。

開場がpm1:00だったので、お昼前に家を出て途中で昼食を取ることにしました。
で、立ち寄った「すき屋」の駐車場で、こんなお宝グルマに遭遇しました。
a0096557_2055638.jpg

言わずと知れた「HONDA S800」でございます。
(ボンネットのコブが800の証、600や500には無い)

歴代(と言っても4台だけですが)の愛車全てが、
・HONDAである
・DOHCである
と言う、HONDA乗りの私。
一連の「S」には、やはり思い入れは強いですね。
このクルマを出せたからこそ、現在のHONDAが在るんだ!と言っても過言ではありません。
今に続くHONDAスポーツの、正に原点ですね。

この個体、たぶんそれなりに補修を経ていると見えましたが、かなり良い状態の様子。
いつまでも、元気で走って欲しいです(^_^)
[PR]
by gypsy-joe | 2008-11-30 21:19 | クルマ | Comments(0)

現在発売中の「funride」を読んでいたら、「Dワ精工」の社員の方の記事がありました。
(かつてはスペシャを売り、現在はコラテックを売っている、あの会社です)

その文中に、思わず、
「うらやましいぞ!」
と、叫んでしまいそうな内容が在りました。

要約すると、
「この会社の通勤費支給基準は、手段に関わらず、公共交通機関の定期券分。」
と言うものです。
つまり
「バスや鉄道を使う場合の定期券分をやるけど、通勤手段は好きにしなさい。」
なのです、この会社。
極端な話、徒歩・ジョギング・自転車などで通勤すれば、定期券代金がそのままポケットマネーですよ!

これは美味しい!すごく美味しい!(チ〇ンラーメンのCMみたいですね)
我社もケチくさいやり方をやめて、この方式にしてくれないかなー・・・
そしたら半年毎に、自転車に結構な投資ができちゃうんですけどね(#^.^#)
[PR]
by gypsy-joe | 2008-11-29 22:49 | サラリーマンとして | Comments(4)

今日は、昨日の雨が嘘の様な晴天。
ちょうど電器屋と100均に用事が有ったし、金粉号で出かけてみました。

中田のR4バイパス沿いにY電気とDソーで買い物を済ませ、時計を見るとまだam11:00前。
お昼にはまだ時間が有るし、どこか遠回りして帰ろうと向かったのが・・・
a0096557_1862116.jpg

「どこ、ここ?」って写真ですが、樽水ダムの上流部の芝地でございます。
トレイルはまだ乾いていないだろうし、坂を上った気になれる場所という事で・・・。

それにしても良い天気!おまけに、厚着したのを後悔する暖かさでした。
ヘルメットの下に薄手のウォッチキャップを被っていたのですが、脱いだら汗まみれでした。

お昼まであと30分少々となったので、今日はここで折り返して帰宅。
思いのほか多くの汗をかく事ができて、めでたしめでたしでした(^_^)
[PR]
by gypsy-joe | 2008-11-29 18:27 | 走行記録 | Comments(2)

乗っていなかったツケ

今日の話じゃないのですが、月曜日(チビ助の空手大会2日目)の夕方、少しだけ金粉号で走りました。

pm3:00をとうに過ぎていたので、近場で山っぽい所と言うことで「K沢Cの森」へ。
N高のちょっと先の沢から入る広い林道は、落ち葉の絨毯でいっぱい。
これで日差しが有ったら、ちょっと幸せな光景だったのに・・・。

で、今回のお題はここから。
ここってとても短いコースで、斜度だって全然きつくない、いわばお散歩コースです。
平日の自転車通勤と週末ポタを維持していれば、楽勝なはずだったのに・・・。

なんと東屋の在る所まで1本走ったら、気持ち悪くなるくらい息が上がっちゃった・・・。

思うに、最近の週末はお出かけ続きで、まともに走っていない。
(泉ヶ岳を上ったのが、たぶん最後)
更に先週は、水曜から出張だったので、ジテツーは月火の2回だけだった。

結局その後は平地を選んでポタリングし、暗くなって来たのでさっさと帰宅。
昼飯のオカズの、揚げ物のカロリー分にもなりませんでした(T_T)

オヤジの心肺は、ちょっと休み癖が着くと、目覚めさせるのに一苦労するみたいです。
今年も暖冬との予報だし、マメに走って怠けさせないようにしなきゃ(^_^.)
(例え外で乗れなくても、ローラー台+F85と言うフィットネスマシーンも有るし)
[PR]
by gypsy-joe | 2008-11-26 22:26 | 走行記録 | Comments(2)

青い鳥

3連休最終日も、昨日に続いてチビ助の空手大会へ同行。
今日の結果は、まあ「その他大勢」の中に埋もれちゃったって感じ。
昨日は1日がかりでしたが、今日はpm2:00頃に引き上げて来ました。

で、その会場を出る際に、駐車場でこの様なお車を発見↓
a0096557_1772785.jpg

懐かしの、
「ブルーバードU ハードトップ 2000GT-X」
でございます。

ここから、ちょっとうんちく。
名車510ブルの後継者としてデビューしたブルUでしたが、人気はもう1つ。
当時の人気車と言えばケンメリスカイラインで、あっちには6気筒が在る。
「だったら、ブルUにも6気筒を積めば売れるじゃん!
と言う営業サイドの要求で出来上がったクルマだったと思います。

4気筒専用だった510をベースにしたブルUには、当然そのままじゃ6気筒のL20は載らない。
Aピラーより前の部分だけを延長してエンジンベイを広げると言う、54B時代のスカイラインと同じ事をやったんですね。
最初から6気筒前提でデザインしたケンメリと違って、妙に鼻だけ長く感じるのは、そのためでしょう。
ちなみに6気筒投入後も、ブルUの販売成績は思ったほど伸びなかった様です。
なぜか当時の暴走族の方々には結構な人気で、確か「鮫ブル」ってあだ名が付いてた記憶が・・・。
当時の日産は、ブルUのあまりの不人気に、
「下取りで入って来たら、中古市場に流さず潰しなさい。」
と、販売店に通達したと言います。

本日お見かけした現車は完全オリジナルではないですが、まずまず大事にされてる方かと。
どんなクルマでも、ここまで生き延びれば立派な歴史遺産。
末永く大事にして欲しいものです(^_^)
[PR]
by gypsy-joe | 2008-11-24 17:45 | クルマ | Comments(6)

一歩一歩進め

3連休の真ん中の今日、久々にチビ助が空手の大会へ出場。
a0096557_20523018.jpg

競技は「形(かた)」と「組手」が行われましたが、今回チビ助は「形」のみ参加。

始めたばかりの頃は、動きのあまりのキレの無さに、
「盆踊りの様だ・・・」
と、嘆かせてくれたものでしたが、今回は多少なりとも進化の跡が・・・・。
そう思わせたリザルトが、こちらです↓
a0096557_2145678.jpg

3位との差がコンマ1ポイントの、4位タイまで行きました。
(21番のところがチビ助、4位は総計4人居ました)

実は「コンマ1ポイントの差」と言うのはとても大きく、上位3人との力量は、結構な格差が有りました。
でも、入賞圏外の「その他大勢」から抜け出す、出口の光くらいは見え始めてきたかも。

もう1つ高い場所へ、一歩一歩で良いので、挑む気持ちを持ち続けて欲しいものです(^_^)

<ちょっとだけグチ>
実はチビ助、明日も別の大会へ参加。
送迎したり応援するのは、親として当然です!が・・・・
とーちゃん、最近ずっと自転車乗っていない!
どこか走りに行きたいよー!
[PR]
by gypsy-joe | 2008-11-23 21:31 | 家族 | Comments(2)

俺、いいカモ・・・?

本屋へ行って立ち読みしたら、ついつい衝動買いしてしまった「funride」12月号。
a0096557_21404745.jpg

今月号の付録がshimanoの2009カタログだったので、ついつい飛び付きました。
が、しかし!!
毎月買ってるサイスポの11月号(先月号です)にも、付録でもっと立派なのが付いていました。
判っていたのに、なんでまた買っちゃったかなー?
(表紙の女の子の、目力に負けたかな・・・)

ホントは、シマノ公式ホームページで、この本の付録にカタログが付くことをアナウンスしたから。
もしかしたらどこか違うかな?なんて思ったのですが、パラパラ見る限りは同じでした(^_^;)

まあ、本の内容(クロスバイク特集とか)も面白そうだし、もう1冊付録も有ったし、良しとしましょう。
[PR]
by gypsy-joe | 2008-11-22 21:56 | | Comments(2)

先日読破した「自転車の安全鉄則」(疋田智著 朝日新書)。
この73ページ辺りから、私の嫌いな「自転車横断帯」のことが書かれています。

道交法では、
「第63条の7 自転車は(中略)交差点を通行しようとする場合において、当該交差点又はその付近に自転車横断帯があるときは(中略)当該自転車横断帯を進行しなければならない。」
とあります。
しかし、これを律儀に守っていたら命が幾つ有っても足りない!って代物が「自転車横断帯」です。
(理由は、この本に詳しいです)
私も普段から、このルールだけは守りません。
でも、心の中では、
「悪法でも法は法、守らなきゃいけないのだろうけど・・・。」
と、若干の後ろめたさも有りました。

ところが、この本の75ページに、
「必ずここを走らなければならない、と言うものではない。」
と受け取れる記述が在りました。
(6行目辺りです)

思わず”エー!そうなの?!”となったのですが、じゃあ道交法第63条の7は何?
自転車に関する法律は矛盾だらけなので、どこか違う解釈が有るの?

と言うことで、今夜も道交法の研究でもしながら、秋の夜長を過ごしましょうか・・・。
[PR]
by gypsy-joe | 2008-11-17 21:05 | | Comments(4)

出張のお供

今日は日帰りで、青森へ行って来ました。

昨年の今頃に来た時は、大雪で酷い目に会ったのですが、今年は温かかったので楽チンでした。

私の職場は業務区分上、社用車は必要無いとされているセクション。
よって、出張は当然ながら公共交通機関を利用するので、車中での暇つぶし対策は重要。
本日はコレを持って行きました。
a0096557_23175283.jpg

先日この方からご紹介頂いた、”自転車ツーキニスト”疋田氏の新刊です。

もう、書いてある内容には「ウンウン」と納得しっぱなしで、普段感じている事が見事に代弁されていました。

内容を細かく言う訳には行きませんが、帯に在るように、左側通行の話など必読です!
[PR]
by gypsy-joe | 2008-11-14 23:38 | | Comments(6)

先日の読売新聞の記事に、
「自転車のオートライトを義務化しては・・・・」
と言ったのが載っていました。
記事の発端は、
「無灯火自転車が野放し状態なので、強制的に点灯するライトを付けさせろ。」
と言う読者投稿らしいです。

これって一見正論の様に思えるでしょ?
が、私はこれ、自転車を取り巻く問題を無視した短絡的暴論としか思えませんでした。

まず、仮に全ての自転車にオートライトを義務化したとします。
では、常にその機能が正常に動作しているかのチェック体制は?
自転車にも車検制度?
それとも現行の法律に沿って、整備不良は一発赤キップで罰金(=前科持ち)?
そうなれば、ライト以外の整備不良も同じに扱わなくちゃ・・・。
現在、自転車の整備不良で警察に捕まると思っている人、どれだけ居ます?
整備不良自転車を甘やかしてきた警察に、いきなり態度を一変させる度胸が有るとは、到底思えません・・・。

一方、自転車趣味人にとっては、
「必要な時にはちゃんとライト点けてたのに、なんで余計な部品を背負わせられるの?」
って感じではないでしょうか?
特にMTBやロードバイクを楽しむ人々にとって、不要なパーツは極力省きたいもの。
そう、世の中には「趣味」「スポーツ」として自転車に乗る人種だって、たくさん居るんです!
また、そういった趣味人の方が、ルールやマナーを良く守る傾向にもあります(よね?)。
自転車に乗っている人が、みんなママチャリで街中しか走らないと思ってるとしたら、認識不足も甚だしいです。

この記事の最後に、”自転車問題に詳しい、ナントカ大学のカントカ教授”が、
「無灯火自転車の事故防止には、オートライト義務化が最善」
なんて、笑えないジョークを寄せています。
何でもかんでも「義務」にしちゃえば納まるなら、今だって夜間のライト点灯は義務!
原則車道の左側を走るのも義務!
どうしても歩道を走りたきゃ、車道寄りをソロソロと徐行するのも義務!
信号を守るのも義務!
クルマの免許を取る際に叩き込まれる義務の数と同じくらい、自転車だって義務だらけ。
なのに、無灯火含め無法自転車は町中に溢れています。
現時点で無灯火で走っている様な連中なら、オートライトが壊れりゃ直さないって。

無灯火も右側逆走も、傘差しもケータイいじくりも、歩道爆走も3人乗りも、根本は一緒!
ガキの頃からキチンとルールとマナーを叩き込む制度が、確立していないから!

「正しい自転車の乗り方を教える」と言う部分をほったらかしにして、自転車の構造に解決を求めたって無駄だと思うのです。
だって、自転車をどんな状態でどの様に乗るかは、結局は乗る人間が決めるんだから。
その「乗る人間の質」を高める事こそが、最善ではないでしょうか?

(今日は、一段と長い独り言だな・・・)
[PR]
by gypsy-joe | 2008-11-11 21:54 | 独り言 | Comments(6)