昨日は、
日本の蔵王ヒルクライム・エコ2017
の本番でした。

am3:00起床、am4:30出発で会場入り。
盛岡から参戦の先輩と駐車場で合流し、2人で軽くアップした後に会場入りすると、
a0096557_07375150.jpg
天気は最高・・・と言うか既に気温急上昇。
寒いのは論外ですが、暑いのも不安です(^^;)

会場隅っこの日陰で開会式をやり過ごし、気付けばスタート。
a0096557_07400734.jpg
ってことで、こっからゴールまで写真無し。

そんなにペースを上げたつもりは無かったけど、滝見台通過が20分。
峩々温泉分岐で28分。
練習より2分くらい速いのは、調子が良いのかオーバーペースなのか?

答えは・・・どうやらオーバーペース。
おまけに、暑くて発汗量も多かった模様。

最初の給水ポイントでは、前に居た選手が受取りに手間取り、私は受け取れず。
体にかけて冷却したかったのに・・・(T_T)

練習では出なかった脚の攣りも、蔵王寺辺りで既に顔を出し始めます。

おかげで駒草平辺りの、いつもならアウターに入れる区間もインナーのまま。

それでもハイライン入口は、練習より2分くらい速いのは変わらず。

ところが、そこから先がまったくダメ!
脚が回ってくれず、速度メーターの表示はまさかの1桁入り。

これじゃまずいとダンシングで上がろうとすると、右も左も脚は攣りまくり。

結局ゴール前のもがきもできずにゴール。
a0096557_07521016.jpg
もう両足ピクピク。
ここでは回復食にバナナと水を貰えるのですが、受取りに行くのに難儀しました。

脚の攣りが治まったら、さっさと下山。
a0096557_07534161.jpg
下界は既に真夏日でしたが、恒例の豚汁には行列ができていました。

とんがらし多めにして、汗ぶったらして食いました。
a0096557_07542347.jpg
表彰には縁が無いので、先輩ともども会場を去り、まずは温泉。 
a0096557_07561329.jpg
湯船に浸かる前に顔を洗うと、物凄くしょっぱい。
全身から塩分出しまくりだったようです。

と言うことで、失った塩分を補給。
a0096557_07573311.jpg
「麵王みらい」さんで、昨年同様美味しい一杯を堪能。

家に帰ったらウェアの洗濯やらで過ごし、pm9:00前には爆睡でした。

さて、来週の大槌はどうだ?!


[PR]
# by gypsy-joe | 2017-05-22 07:59 | イベント | Comments(2)

前転チャリ

昨日のこと。

JR長町駅付近の交差点を通過するとき、視線の端に、宙に舞い上がる自転車の後輪が見えました。

その場所は歩道。

どうやら歩道を走っていた自転車が、同じく歩道を走ってきた自転車に驚いて急ブレーキ!
って感じ。

それだけで前転しかけるわけはないので、想像ですが前ブレーキだけ握ったのでしょう。

ってことは、左手には・・・スマホ?

いずれにしても、歩行者感覚のチャリが走り回る歩道が危険なことは明らかですね。

空いた道路のスピード違反をパクるより、無法チャリをパクりまくれば警察もノルマ達成できるんじゃ?
(ノルマって何だ?)


[PR]
# by gypsy-joe | 2017-05-19 20:44 | 日々の出来事 | Comments(0)

中一日でエコー

昨日は平地を淡々と漕いだおかげか、一昨日のエコー登り後に脚に残っていた疲労感が軽減。
今日もお出かけ日和みたいだし、am8:00を過ぎても起きて来ない家族を尻目に、中一日でエコーへ行ってみました。

全開同様青根温泉までクルマで移動しましたが、さすがGW。
みちのく湖畔公園に近づいたら既に渋滞気味。
これが昼には物凄いことになるのですが・・・

ちょっと裏道に入って渋滞をかわし、青根温泉にクルマを置いて鳥居へ。
a0096557_14563004.jpg
一昨日と違って風も無いし、気温も高い。
極上の坂道日和です。

今日のテーマは、
・中一日で体力はどれだけ回復しているか確認しよう
です。
もうすぐ52歳になる身としては、かける負荷と回復のバランスは重要ですから。

走り出してみると、やはり前回よりちょっと辛い?
と思ったら滝見台通過が22分台で、前回と大差無し。

峩々温泉分岐は30分で、これまた前回と同じ。
調子も悪くなくて、このままで後半少し頑張ると、タイム短縮すら狙えそうでした。

が、今日は祝日。前回とは交通量が全く違います。
蔵王寺まで来たら渋滞の最後尾が居て、車列はここから延々ハイライン入口まで続きます。

なんとか自転車の利点を生かし路肩をコソコソ走るのですが、思ったようなペースで走れません。
ハイライン入口まで来たら、それでも前回より1分オーバー。

最後は思い切り踏めるだけ踏んで、リフト乗り場Pへ到着。
a0096557_15160016.jpg
1時間23分台にまとめられたので、体力の回復具合はまずまずOKってことですかね?
今年の蔵王HC、目標タイムは1時間20分切りとします。

ちなみに、リフト乗り場Pも今日は満杯。
a0096557_15200738.jpg
しかたなく、道路を挟んだこっち側のPで休憩でした。

下山の際に確認したら、渋滞の車列は更に延びて蔵王不動尊近くまで続いていました。
全然進む気配が無く、列の後半分くらいの人は日没までに上に行けないんじゃなかろか?

と思ったら、帰り道でもう一つの大渋滞に遭遇。
R286の山形方向が、みちのく湖畔公園入口を先頭に、赤石辺りまで大渋滞。
ちょうどお昼時だし、見ていてかわいそうでした。


[PR]
# by gypsy-joe | 2017-05-04 15:34 | 走行記録 | Comments(2)

エコー初め2017

ちょっと久々の更新ですね。

4/29からGWに突入したのですが、自転車に乗ったのは今日が最初。

4/29~30で実家に帰省してちょっと労働したら、腰が軽くギクッと・・・
大事を取って、昨日は自転車遊びを自重しました(^^;)

そのお陰で、今朝起きてみたら痛みもだいぶ軽そう。
天気も良さそうなので、やっとこさGW初の自転車遊びに出てみました。

向かったのは蔵王・・・そう、もうすぐ大会なので練習ですよ。

家から自走して登る体力は無いので、青根温泉まではクルマ。
天気は良いものの結構な強風で、途中の釜房湖で湖面に白波が・・・
クルマ移動にした判断が、正解だったことを実感しました。

と言うことで、サクッと鳥居へ到着。
a0096557_17582818.jpg
素晴らしい青空に流れる雲・・・の速いこと。
先がおもいやられます。

とにかくエッチラオッチラ登ってみると、調子はまずまずっぽい。

滝見台通過が23分くらい、峩々温泉への分岐が30分。
これは過去に1時間25分くらいでリフト駅Pに着いたタイムと、そう大差無い。

途中で2人ほど、先に登っていたローディーさんをパス。
意地でも抜き返されないように、結構頑張ってしまいました。

そのお陰か、ハイライン入口で1時間18分。
更に先のリフト駅Pへ着いてみたら、
a0096557_18044848.jpg
1時間23分と、惜しくも1時間10分台には入らず(^^;)
でも、予想通りと言えます。
今季初にしては、まあまあとしておきます。

一息つきながら、山形側の景色をしばし鑑賞。
a0096557_18081794.jpg
雪と雲の白と、空と山の青のコントラストが最高です。

のんびりしてると汗が冷え切ってしまうので、ウィンドウブレーカー着込んで冬用グローブ着けて下山。
後から登り始めたらしいローディーがわんさか上がってきて、挨拶を交わすのも忙しい。
中には大会参加者もいるでしょうし、GWは最後の追い込み時期ですかね?

強い人は鳥居まで来たら「おかわり」するらしいですが、当然そんな脚は残っていません。
攣らなかっただけで良しとして、さっさと帰宅。

家に着いたら、膝の上辺りに筋肉痛が残る予感が・・・
明日は少し強度を下げた練習にします(^^;)


[PR]
# by gypsy-joe | 2017-05-02 18:16 | 走行記録 | Comments(0)

2017旧車初めの2日目

昨日のことになっちゃいますが、予定通り旧車イベント2日目に行って来ました。

自転車を止めた場所が前日と同じだったので、またこのクルマ達から。
a0096557_07324966.jpg
と言っても、同じなのは青いA110だけ。
A110は白い個体が増えているし、手前のA310は前日とは別の個体。
前日のド派手なオーバーフェンダー付きも良いけど、やはりこのナローな姿は素敵。
6つ並んだランプ類がカッコイイ!

前日同様、garakutadoさんも連日の参加。
a0096557_07373766.jpg
手前の愛車のそばに後席を出していて、ベンチにしていました(笑

2日目のお気に入りは、なかなか見られないこの2台。
a0096557_07400437.jpg
モーガンの3ホイーラーですが、本物は手前で後はレプリカ。
でも年式はレプリカの方がずっと旧く、本物は3年前くらいのモデルでした。

本物の方はたぶんハーレー辺りのエンジンみたいでしたが、レプリカは、
a0096557_07423819.jpg
イタリアのモトグッツィのものを積んでいました。
なので、エキマニが前に出ています。
非常に面白い!

ちなみに昨日は非常に気温が高く、正直暑い!
a0096557_07463168.jpg
こんな日にはこの開放感がたまらない!って感じに、セドリックは窓全開。
安全性や車体剛性確保に難ありで、今ではあり得ない4HT。
素敵です!

最後は、目にも鮮やかな黄色いコイツ。
a0096557_07494350.jpg
言わずと知れたロータス・ヨーロッパの、これはS2。
ヨーロッパはこの他にもう1台、スペシャルも来ていました。
昔はそっちが大好物でしたが、最近ではこの47GTに近いシルエットのS1~S2が好き。

暖かくなったし、これから梅雨入り前までは、旧車に最高の季節ですね(^-^)


[PR]
# by gypsy-joe | 2017-04-17 07:57 | クルマ | Comments(0)