人気ブログランキング |

蔵王対策-その2

まずは写真をご覧下さいませ。
a0096557_2252393.jpg

これは、F85から取り外した部品です。
1番大きい板の歯数を数えると”25”。

そう、対策その2とは、カセットの歯数を変える事。
一番軽い板を27Tにするべく、大きいの3枚セットを交換しました。

これで我がF85、11T-27Tと言う105純正では存在しない構成になりました。

ただ、こうすることで少しだけ問題が起きます。
歯数の変化に合わせて、チェーンもコマを増やさないと変速が怪しくなります。

しかし、大きい板に合わせてチェーンの長さが変ると言うことは、既存の部分にしわ寄せが来ます。
それが良く判るのが、この状態です↓
a0096557_2214849.jpg

これは、前インナー(34T)+後センター付近での状態。
これ以上重いギアには、変速できませんね・・・・
そう、R/Dのキャパを越えた構成になっているのです。

2008モデルのF85はR/DがULTEGRAのSSなのですが、これのキャパが29T。
F85は前が50T/34Tなので、キャパが32T無いとGSにしなきゃいけない。
(ちなみに現行アルテSSは、キャパ33T・・・これは悔しい)
シマノのパーツカタログにも、
「27Tを使うなら、RメカはGSにしろ。」
と、08アルテの所に記載が有りました。

ただ、冷静に考えたら、前インナーの時に後センターより重いのに変速するか?
イヤ、そんなことしないじゃん!
絶対に有り得ないじゃん!
  ・
  ・
  ・
  ・
たぶん(ーー;)

という訳で、しばらく乗ってみて結論を出すこととしました。

今回はALX430ではなく、F85オリジナルのホイールのままです。
ALX430には、105純正の12T-27Tのカセット一式を組むことにして来ました。

さて、本番までにどれだけ練習できるかなー?
by gypsy-joe | 2010-03-13 22:32 | 用品