人気ブログランキング |

確固たる価値観で

先程、録画していた家電芸人番組を観ていました。

その中で、司会の芸人が家電販売店で、
「一番いいのをくれ!」
みたいなことを言ったエピソードが、笑いのネタにされていました。

その家電の機能を吟味するでもなく、
「一番高いのが良い品物だろう!」
って買い物をしたことが有るらしいですね。

で、それを聞いて思い出したのが、このクルマにまつわるエピソード。(真偽不明)
a0096557_2014813.jpg

これを知らずにクルマ好きは名乗れない、初代スカイライン2000GT-Rですね。
(本当の初代は4ドアですが・・・)

何を思い出だしかと言うと、このクルマが新車で売っていた時のこと。
確かスカイラインGT-X(当時の豪華グレード)が120万円程度の時代に、GT-Rは200万円近い。
高度成長期の時代、一部のお金持ちからは高価なクルマ=豪華なクルマと思われちゃって、続々注文が入ったらしいです。

しかし、GT-Rはレース用ホモロゲーション・スペシャル。
・標準では、ラジオもヒーターも無い
・燃料タンクは100Lなので、トランクが狭い
・ガラスには色も入っていないし、後ガラスに熱線も無い
・前席はバケットシートで、リクライニングなんてしない
と言う、潔く快適性を排除したクルマでした。

おまけに、搭載しているエンジンはレース用に改造するのが前提。
街乗りやドライブって乗り方で美味しかったかと言えば、たぶんムリだったでしょう。

当時のお金持ちは、
「高い金を払わせていながら、貧弱な装備のクルマを売りつけやがって!」
と、セールス担当に怒鳴り込んだとか・・・
(売る前に説明しようとしても、聞く耳持たなかったそうな)

家電もクルマも、何であれモノ選びには確固たる信念が無いと、ただの無駄遣いってことですね。
by gypsy-joe | 2011-01-16 20:08 | クルマ