人気ブログランキング |

五輪開幕

ついに始まりましたね、ロンドン・オリンピック。
まあ、女子サッカーの予選とかから数えれば、もう1週間近く経ってますけど・・・

今日は計画的に有休取得してたので、昨晩は男子サッカーの放送前くらいまで、いろんな競技をTV観戦していました。
(男子サッカーは眠くて起きてられなかったので、録画放送で観戦)

そんな中で少し気になったのが、男子柔道の66kg級の海老沼選手と韓国選手の試合。

確かに最初の旗判定には私も「?」でした。
海老沼は一時的にせよ「有効」と判断できるような投げを見せたし、相手は海老沼の肘が危険な状態になる投げ方をしていましたからね。

ただ白い旗が揚がった瞬間には、
「確かに圧倒的にどちらかが勝っていたとも言えなかったし、プロの審判が見れば韓国選手の方に勝る点が有ったんだな。」
って思いました。

それが畳みの下からの一言で再審、そして逆転!(@_@;)
これは韓国選手が可愛そうでしたよ。

審判の判定って、よほどのことが無い限り覆らないのが競技の基本でしょ?
いまだかつて、こんな主体性の無い審判を見たこと無いですよ。

まだ柔道は男女とも各階級の試合が残っていますが、こんな後味の悪い試合は無くして欲しいものです。

そうそう、前回まで頻繁に見られた、レスリングのタックルみたいに飛び込んで相手の足を抱きこんで倒す技(双手刈りとか朽木倒し)が禁止されたのは良いですね。
あれは、なんか見苦しくて正直嫌いでした。
やはり柔道は、立って組んで投げるのが基本だと思います。
きちんと「一本!」になった投げは、ホント美しいですからね(^_^)
by gypsy-joe | 2012-07-30 12:11 | 独り言