人気ブログランキング |

ここまでの軽量化で・・・

購入当日からあれこれパーツ交換してきたGTR。
当然ですが、換えるからには軽量化したいというのが重要なポイントでした。

オリジナルから交換した部品と、その結果の重量増減をおさらいすると、
・前後ブレーキ:105に交換、作りが頑強になったので重量は微増
・チェーン:DURAグレードに交換、増減は殆ど無し
・ホイール:手持ちのDURAを装着、500gくらいは減量
・ペダル:もともと着いていないので、これは300g弱の増
・サイコン:これももともと着いていないので、100gくらいは増
・ボトルケージ:これまたもともと着いていないので、50gくらいは増
・シートポスト:TOKENに交換、200g強の減量
・サドル:TIOGAに交換、100g強の減量
などなど。

GTRのオリジナル状態が8.3kg。
(ペダル、サイコン、ボトルケージ無し)
これまでのパーツ交換でこれがどうなったかと言うと、約7.7kgになりました。
しかも、ペダル・サイコン・ボトルケージ付きでの数値です。
同条件だと7.3kgくらいになるのでしょうか?

このあと少し長いステムに換えるので数十gの微増が見込まれますが、それでもまずまず軽い自転車になりました。

極端に高価なパーツは使っていないし、体重制限などの制約が有るパーツも無しなので、まずは上出来かな?
もとが高価な自転車でもないので、ここらへんで暫く乗りこんでいこうと思います(^_^)
by gypsy-joe | 2012-10-16 22:01 | 愛車