人気ブログランキング |

この酔っ払いが!

既に日付が変わっていますが、就寝前なので一応「今日」と表現します。

今日は飲み会でした。
できれば最終の1本前の新幹線で帰りたかったのですが、場の中で1番えらい上長が腰を上げません。

ってことで久々に最終で帰って来ました。
この時間になると、仙台駅から家までは地下鉄が有利。
そこで事件がありました。

発車して間もなく、同じ車両に乗り合わせた客どうしが何やら口論を始めました。
状況からも、どちらか、あるいは両者とも酔っている感じです。
(シラフでやってたとしたら、それこそ異常なほどの勢い)

と思ったら、
「警察呼べ!」
だの、
「降りろコラ!」
だの、物騒な感じになりました。

駅に着いた途端、引っ張り合いみたいなことを始めて、それは下手すると、電車の運行を遅延させかねない勢いでした。

ただでさえ想定外の遅い帰宅になっている私、これ以上のロスタイムは避けたい。
思わず席を立ってその方々に、
「まずは落ち着きましょう、周りの皆さんも困惑してますよ。」
と、なだめてみました。

そこで一旦は落ち着いたかに見えた両者、座席に座ってくれました。

が!

全然火種は消えなかったらしく、ますますエキサイトし始めました。
そして、あろうことか次の駅に着いた途端、
「駅員さーん!だれかー!来てくださいーい!」
だのと、ドアの開閉を妨げ、叫びだす始末・・・

あきれながら再度止めに入り、なんとか車内に戻させましたが、その際に私の腕も閉まるドアに挟まれました。

軽く肘が逆に曲がったのが判りましたが、とりあえず電車も発車できたので、私も席に戻りました。

そこから終点までは何とか辿り着きましたが、その間も両者は口論を継続。

そして私の肘、軽く痛みを覚える状態になっていました。
さすがに冷静でいるのも限界に達した私、電車からの降り際に、
「てめえらのせいで肘が痛えーよ!この馬鹿野郎の酔っ払いが!!!」
と言わせていただきました。
(これには、同乗していたオネーチャン達も納得の笑顔をくれました)

両者ともに明らかに目上だったと思いますが、酔っぱらうにもマナーがあるだろって思いましたよ。

肘は少し痛くて、今夜は念のため湿布して様子見です。

大事には至らなそうですけどね(^_-)
by gypsy-joe | 2014-06-04 00:42 | 日々の出来事