人気ブログランキング |

重茂半島を走る

帰省も今日でお終いなので、昨日は最後にちょっとハードに走りました。
コースは、宮古湾を挟んだ対岸の重茂半島をメインに走ることにしました。

家を出て宮古市内を抜け、20分少々で「藤ノ川」と言う海水浴場(「川」だけど浜です)へ。
そこから観る、重茂半島の山々です↓
a0096557_655855.jpg

左の一番高い辺りを「月山」と言います。その脇を抜ける峠道が最初の難関になります。

更に20分程走り峠の入り口まで行くと、看板が在りました↓
a0096557_711591.jpg

「現在地」からの赤い線は、自転車では通れないハイキングコース。
自転車が走れるのは、赤い線の起点と終点を結ぶ様に延びる、黄色線の道です。
終点まで行けば、後は半島の海沿いを南下するコースです。

最初の峠は、まだ元気も有ったので、思ったより楽に越えられました。
その後、半島海沿いを少し南下すると、本州最東端の「トドヶ崎」への入り口に着きます。
そこにはキャンプ場が在り、看板にはこんな表示が↓
a0096557_7105626.jpg

このキャンプ場からすぐの所に、小さな漁港兼海水浴場が在ります↓
a0096557_7125654.jpg

つまりここが、本州最東端の漁港兼海水浴場となるのですね。

で、ここから先の写真は無し。
途中で家から、
「午後に親戚が来るから、それまでに帰れるか?」
とのメールが入り、2時間で帰らなくてはならなくなったのですが、走っている道がひたすらアップダウンの繰り返し。
浜まで降りたかと思うと、次の峠からは海が100mくらい下に見えると言う、激坂の繰り返し。
ヘトヘトになり、写真を撮るために止まると、最スタートが辛かったのです(^_^;)
(後で地図を見直すと、この辺は「寒風峠」と言う、海沿いとは思えない名前が・・・・)

半島を走り終わり、R45へ戻り、あとはひたすら宮古目指して北上。
予定より10分遅れぐらいで、何とか来客前に帰宅しました。
総行程80km弱でしたが、先日鮎川まで走った時よりきつかった。
”重茂半島舐めんな”って感じでした。

でも、この歳になって、故郷の道を自転車で走るのも楽しいもんです。
正月休みには金粉号を連れて、冬の里山ライド三昧しようかな?
by gypsy-joe | 2008-08-16 07:31 | 走行記録