人気ブログランキング |

蔵王エコーラインを登る

行ってまいりました、蔵王エコーラインを越えて、山形県上山市まで。

同伴のcd20sunnyさんと、茂庭のR286沿いのコンビニをam8:20頃にスタート。

R286を進み、みちのく杜の湖畔公園を過ぎた辺りを左折。
と言えば、その先に待っているのは「すずらん峠」ですね。
かわいい名前のくせに、結構な斜度の、短くもきつい峠であります。
ここで多少なりとも体力を失ったことが、後に私らを大いに苦しめるのでした・・・・。

で、40分ほどで遠刈田温泉に到着し、最初の休憩。
足湯が在ったので、補給食を摂りながら浸かることに・・・が、これが熱い!
湯口からすぐの1段目の湯はむちゃくちゃ熱くて、2段目に避難。
こちらは適温で、気持ち良かったです。

am9:40頃に再スタートし、間も無く本日の実質的なスタートラインとなる、
a0096557_6475341.jpg

大鳥居に到着しました。

ちなみに私ら、今回がお互いのロードバイクを初披露。
a0096557_6515219.jpg

cd20sunnyさんのバイクは、Panasonicのチタンフレーム。
チタン独特の光沢が美しいです。

さっそく上り始めますが、ここを登った多くの方が言うように、滝見台までは斜度がちょっときつい。
最初の休憩(ノンストップで頂上までと言う野望は、毛頭無い)は滝見台でしたが、既に汗だく。
それでも、再スタート直後の急坂を過ぎると若干斜度も緩くなり、足の負担も軽減。
滝見台にはトイレが無かったので、峨々温泉への分かれ道の辺りに在るトイレで再度休憩。

次の休憩は駒草平の売店と決め、この辺から各自のペースで登ることに。
コンパクトドライブの私は34-25T。
cd20sunnyさんは39-25Tで、さすがに辛そうでした。

が、辛いのは私も同じで、先週平泉まで走った足は、そろそろ売り切れ感が・・・。
おまけに標高が上がるにつれて、冷たい強風が!
九十九折の区間は向きによって風をしのげるのですが、ちょっとした直線の区間は向かい風。
速度が出ないのでふらつくし、速度を出そうとケイデンスを上げれば、足が攣りそうになるし。
ガードレールの無い区間は、落っこちそうで路肩を走るのが恐いし。

正直言って心が折れそうになり、下りて押そうか?と思ったその時、
「こんにちは!」
と突然後から声が・・・。
横を見ると、青いTREKが追い抜いていきます。それも軽快なペダリングで・・・・。
これで折れかけた心が立ち直り、少し先に見えるその後姿を追い、気付くと駒草平へ到着。
(このころには、TREKは見失ってましたけどね)

倒れこむように売店の脇に座り込み、補給食のアンパンを食いながらcd20sunnyさんを待ちます。
その間に更に3台のローディーさんが目の前を通過。
たぶんTREKのお仲間でしょうか、みんな軽快に上って行きます。
待つこと10分弱で、cd20sunnyさん無事到着。
こちらもパワーの源コカコーラを摂取し、頂上までのラストスパート準備。

ここから頂上までは、割りとあっけなく到着。
ハイラインは自転車で入れないので、ちょっと先のリフトの所で休憩。
このときpm12:10頃。
a0096557_740116.jpg

この辺は天気も怪しく、おまけに寒い寒い
下りに備えてウィンドブレーカーを着込み、上山まで一気のダウンヒルです。
これは気持ち良かった!苦労して蔵王を上ったご褒美でしたね(^_^)

で、pm1:00頃に無事上山へ到着。
駅の観光案内所で公衆浴場(もちろん温泉)の場所を確認し、まずは腹ごしらえ。
a0096557_7485166.jpg

「鳥そば」大盛り¥900也。これも美味しかったです。

腹が満たされたら次は温泉。
観光案内所のオネーサン推薦の、
a0096557_7505127.jpg

「下大湯」で、疲れた体を癒しました。
ここは市内に在る公衆浴場でも、お風呂の広さが一番とのこと。
手足を投げ出して、思う存分浸かることができました。
(お湯が熱めなので、長くは浸かれなかったですが・・・)

これで全ての目的を果たし、pm15:20頃の電車で帰路へ。
電車の中でcd20sunnyさんと、
「今度また、輪行でどこか行きたいですねー」

めでたく輪行仲間がまた一人増えたし、苦しくも楽しい1日でした(^_^)
by gypsy-joe | 2008-10-05 07:58 | 走行記録