人気ブログランキング |

トレイルを走るって・・・・

今日は、朝から雨。
am7:30を過ぎても薄暗くて、
「どうせ明日は、祝日で休みだし・・・・・」
ってことで、アッサリと自転車通勤を諦め、久々に地下鉄+JRで会社へ。

車内のお供は、発売したばかりのサイスポ1月号。
実は、これを読む時間の確保も、電車にした理由の1つだったかも。
その中で、ちょっと考えちゃう記事が有りました。
頁で言うと132ページからの、
「トレイルについて(真剣に)考えてみよう」
と言うタイトルの記事です。
要約すると、
「トレイルを走るMTB乗りの心構え、ルールとマナーって、どうよ?」
って問い掛けと提言なんですね。

言うまでも無く、MTB乗りが「トレイル」と称する道は、実はいろいろな人が通ります。
ハイカーも居れば、もしかしたら個人の持ち山という事で、オーナーさんも。
大勢が使う道と言うことは、当然守るべきルールとマナーも存在する。
その辺、ちゃんと考えていますか?って・・・
ちゃんと折り合いを着けて、貴重なトレイルを共有しようと言う気持ちでいますか?って・・・

これは考えなきゃいけない話だと、実は最近、実感する小さな出来事が有ったんです。
それは、先日のG山行きの時。
下って来て入山口近くまで来た時、小さなコーナーを曲がると、3名のハイカーに会いました。
いや、いきなり坂道を自転車が降りて来たのだから、たぶん少し驚かせたかも知れません。
それでも、
ハイカー(女性です)「こんにちは、上まで行って来たの?」
私「ハイ!今日は天気も良いし、最高の眺めでした!」
ハイカー「そうね、じゃあ気をつけて」
と、気持ちの良い挨拶を交わせました。

何を言いたいかと言うと、この感覚を常に忘れずに走れているか?と言う事です。
MTBが走れる場所は、ほぼ100%、人が歩ける場所なはずです。
どちらが、より安全を強く意識しなきゃいけないかと言うと、間違い無く「車両」であるMTB側。
それを肝に銘じて、気持ち良く挨拶できる状態で走っているか?
100%できていると、言い切れないかも知れない自分でした・・・

歩道爆走チャリと同列に扱われないよう、今一度我が身を省みたいと思います。
by gypsy-joe | 2008-12-22 23:24 | 独り言