人気ブログランキング |

救命救急講習

今日は午後から、救命救急措置の講習を受けました。

講師は、会社のすぐ近くに在る消防署の方。
そちらの消防署、仙台でも2番目に忙しい(出動回数が多い)とか・・・。
(我社の社員も、何度もお世話になっております)

で、今回受講した内容と言うのが、
・心肺蘇生法
・AED(除細動器)の使い方(これも、心肺蘇生手段の1つですね)
です。

心肺蘇生法とは、いわゆる人工呼吸+心臓マッサージ。
救急車が着くまでの間、これをするかしないかで、分単位で救命率は下がるとの事。
人形相手に最初は照れ臭かった受講者も、やってる事の意味を感じて段々と真剣になりました。

AEDの使い方は、基本的に機械の言うがまま。
電気ショックの要否も、機械がモニターした結果で支持してくれます。
しかしながら、緊急時に冷静に使うにためには、やはり今回みたいな練習をしなきゃいけない!と感じました。

日本人は、誰かが倒れている所に遭遇すると、
「うかつに動かすな!触るな!救急車が来るまで、そっとしておけ!」
となることが多く、それが日本の救急救命率の低さの一因とのことです。(講師談)

「とにかく呼吸が止まっている様なら、心臓マッサージを続けるだけで助かる確率は大きくなる。」
との事でした。

自転車で遠出する時など、自分自身や同行者に何か有ったら・・・・。
今回の講習は、受けておいて損は無いどころか、是非受けるべき内容だと、しみじみ思いました。
by gypsy-joe | 2009-03-02 20:33 | サラリーマンとして