人気ブログランキング |

今日の「めざましテレビ」

先月「めざましテレビ」をネタにしましたが、今日はその第2弾をやっていました。

今日のポイントは、
・あらためて、歩道走行の自転車の速度を測定
・車道走行時の、駐車車両の危険性
・自転車横断帯の渡り方と、その危険性
などなどです。

歩道を走る自転車の速度を測り直し、その速度の危険性を実験で示していました。
(今回の測定結果は、約16km/h平均でした=納得の数値でしょう)
併せて、「徐行」と呼べる速度で自転車が走ると、遅すぎて不安定になることも実験。
時速7~10km/h程度を「徐行」と呼べる最大限とし、その状態では直進維持も困難と結論付けていました。
自転車は、歩行者と歩道を共有するには無理が有ると実証したわけです。

駐車車両の危険性については、その存在自体の危険性も示しつつ、自転車の行動の基本=手信号の重要性を説いていました。

また、自転車横断帯の渡り方の例を示しつつ、それがもたらす左折車両の巻き込みの危険性も示唆。
これも、併せて自転車横断帯の渡り方の浸透度の低さも取材していて、
「ルール自体を学ぶ機会が無かった。」
と言う声を大きく扱っていました。

今回も、粗を探せばイロイロあるかも知れません。
が、大塚アナの、
「我々は歩行者の延長としてしか、自転車に乗っていなかった。」
と言う主旨の発言と、アヤパンの、
「やはり自転車レーンの整備が必要。」
と言う主旨の発言には、キチンと問題を捉えて進むべき方向を提案しようと言う意識を感じました。

第3弾・第4弾と続けてくれたら・・・と期待してしまいました。
もっとガンバレ、フジテレビ!としておきましょう。
by gypsy-joe | 2009-06-09 20:33 | 日々の出来事