人気ブログランキング |

行って参りました!(その2)

続き。
サポートメンバーからレース中の勇姿が未到着なので、文章メインです。


Uさんのスタートを見送ったら、ピットへ戻って2番手以降の出走に備えます。

暫くすると、同時にスタートした他チームの1番手が通過。
少しして、Uさんも無事に周回して来ました。

2番手は私です。
Uさんと同時スタートのライダーを登り途中でパスして順位を少し上げ、無事に1周目終了。
タイムは24分程だったかな?

次にHさん。こちらも25分程で無事周回。
これが初めての自転車競技なのに、私とさほど変わらないタイムにビックリでした。

店長も無事に回って来て、23分台。

で、Uさんを挟んで私の次の順番の時のこと。
1周して来てピット直前でメーター見たら、なんと22分台。
1周目より楽な走り方だったのに・・・
これに気を良くした私。次のHさんへの交代拒否で、連続2周回へ挑戦。

これが大甘!
足がまだ出来上がってなかった模様で、後半に両ふくらはぎ攣り!!
だましだましピットへ帰ると、タイムは24分台。
結局、23分で2周したのと変わらない結果。
ここからは「無理せず、1周交代」を徹底することになりました。



ちなみにこの大会、単純に周回数を競うだけではなく、他にもいろいろ趣向を凝らしています。
その中でも、多くのチームが力を入れていたのが「仮装」
前の「その1」でライダーズミーティングの写真に全身白い方が居ますが、これは長袖肌着に股引。
バカボンのパパがモチーフらしく、このチームの方はみんな鼻毛が出ていました。

斜め向かいのピットのチームは、これ↓で参加。
a0096557_1755667.jpg

場内FMでも「カワイイー!」連呼ものでした。
が、これ被って走ると、中でメガネが曇って大変になるらしいです。

他にも凄いのが居ましたが、それは後ほど。


レースは淡々と進み、我々も着々と周回数を重ねます。
気付けばクラス3位と好位置。

ただ、暗くなってからは、久々レース&初レースの2人のタイムが下降傾向。
監督でもある店長から、
「4位との差を縮めないために、連続2周して来て!」
とのチームオーダーが私に・・・。
その時点で22~23分の私なら、2分遅く走っても2周で50分。
これなら、30分前後に落ちている2人の分をカバーできる。
ナルホドナルホドと納得し、1周目は24分。

さて2周目と思ったら、既に10数時間経過していたMY足。
電池切れは急激でした・・・・

突然足に力が入らなくなり、あえなく失速。
運良く舗装の歩道を走る区間に入ったので、せめてもの補給にボトルを銜えます。
そしたら
 ・
 ・
タラッ
 ・
 ・
 ・
空っぽかよ!

これで本気に危ない状態になり、平地でもインナーでトボトボと・・・・
必死の思いでピットへ辿り着き、その場へ転がってしまいました。

それでも2周に1時間は要していなかったので、最低限の働きにはなりました。


そして、気付けばもうすぐゴール。
まだ最終ライダーが走っている時点ですが、各自の周回数はこんな感じ。
a0096557_17184977.jpg

私の24時間レースは、15周で終了でした。
(13周と書いてあるのは、店長が定めた目標)


そうこうしているとゴール時刻の、10月12日(月)AM10:00。
ゴールゲートをくぐる権利を受けたライダーが、それぞれの思いを表現しつつ走ります。

こんな表現をする人達も居ました↓
a0096557_17413960.jpg

前を走るのは、本物の水着美女。後は、本当にほぼ全裸のニーチャン。
男:「いいケツしてるなー!待てー!!」
女:「イヤー!」
と、ホントに叫びつつ走って、場内を沸かせていました。
※少し前の「他にも凄いのが居ましたが、それは後ほど」がこれです。

この方々、ゴール後には仲間も増えての撮影会。
a0096557_17443967.jpg

大人気でした(^_^;)

我々の最終ライダーはHさん。
体力的に限界の状態で2周する羽目になりましたが、全チームで最後のゴールとなり大喝采!
美味しいとこ取りだったので、苦しい思いも報われたことでしょう。

リザルトは、終了数時間前に1つ落ちてクラス4位(12チーム中)。
総合では9位(32チーム中)。
賞典外ではありましたが、未経験者ばかりのチームとしては望外の結果だと思います。


では総括。

往復の道中は疲れるし、レース中も寒さと眠気と疲れで辛かった。
でも、楽しかったか?と問われれば、最高に!と答えてしまうでしょう。

来年も出るか?と問われると、
「・・・・・・」
となりますが、行って走って良かったです!(^_^)
by gypsy-joe | 2009-10-13 17:57 | イベント